iPhone修理

iPhoneの保証の違いについて

ロック画面

iPhoneを購入した際に1年間製品保証を受けることができますが、他にも正規店の保険による2年間の損傷のiPhone修理保証もあります。製品保証だかでは、iPhoneの過失や事故による損傷は保証対象にはなりませんが、不意に故障してしまった場合は適応されます。ただし、画面割れや水没したiPhoneは、製品保証の対象として扱われません。
一方、正規店の保険は2年間の間2回までiPhone修理保証保してくれる保険になります。けれども、正規店の保険なので、加入時に料金を支払う必要があります。その上、iPhone修理を依頼する時でも正規店の保険に未加入の場合より費用は安いですが、保険の分の料金を払うことになります。また、正規店の保険に加入するための制限として、iPhoneを購入してから30日以内でないと加入できません。
正規店の保険の大きなメリットは、画面割れによるiPhoneの損傷や水没したiPhoneは、低価格で端末の交換ができます。ちなみに、データのバックアップを取っていない状態だと、データを復元してもらうことはできません。なので、破損したiPhoneを交換する前は、電源がつくのなら真っ先にデータのバックアップを取るのがお勧めとなります。iPhoneには正規店の製品保証という修理保証が存在し、いずれも保証対象期間は購入してからとなっています。

最新記事一覧

2017年06月19日
iPhone修理に出す時には修理店の口コミを見ようを更新しました。
2017年06月19日
iPhoneの保証の違いについてを更新しました。
2017年06月19日
iPhone修理でよくある故障事例を更新しました。
2017年06月19日
画面割れしたiPhone修理を更新しました。