iPhone修理

iPhone修理の注意点

スマートフォンの中で特に使っている人が多いのがアメリカのスティーブ・ジョブズが作ったiPhoneです。私の周りでもアンドロイドよりiPhoneを使っている人が多いです。私はiPhone修理の注意点についてお話しさせていただきます。iPhoneを修理に出すときには色々な種類があると思います。その中で多いのは公式の正規修理店に出すのかそれとも池袋の非正規修理店に出すかです。
まず始めに正規修理店出す際の注意点です。いくつか注意点はありますが正規修理店に出す際に一番気をつけて欲しいのはiPhoneデータのバックアップをした上でiPhone修理に出すということです。なぜなら、正規修理店に出すと基本的にはデータが無くなった状態で修理されてきます。なのでデータをそのまま無くさずに維持したい方はバックアップをお勧めします。
バックアップはUSBを使ってパソコンを通じてする方法とWi-Fiを使ってiCloudにバックアップする方法があります。それは人それぞれなのでいいと思います。そして池袋のiPhone修理店に出す際に気をつけてほしい注意点はもし修理に出して壊れてしまったりしたときに保証がないことです。池袋のiPhone修理店の場合はデータが無くなってることはあまりないですが保証が効きません。そこを注意してほしいです。

3種のiPhone修理方法の良い悪い

池袋でiPhone修理するには正規の物、非正規の物、自分自身でする、これのどれかになります。
正規でiPhone修理する場合は正規店へ行きその場で治してもらうことができます。もしくはサポートセンターに電話をしてもらい郵送でやり取りできます。メリットとしては、純正品になりますので本来あるべき状態で治り、なおかつ保証が効くと言うところでデメリットとしては料金は一番高いです。例えば画面が割れてしまった場合は1万5000円以上は確実にします。バッテリー交換で8800円ほど。
池袋の非正規のお店でiPhone修理する場合。メリットは料金が正規より安くなり、画面割れの場合は1万円前後からでバッテリー交換は5000円位と言った所でしょうか。正規と比べるて大分変わりますね。しかし安い分デメリットがあります。パーツ自体がほぼ正規の物じゃないので、保証が効かなくなります。また、池袋のお店によって取り付け具合に個人差があり元の状態と言えない場合があります。
最後に自分で取り付ける。これもメリットは非正規よりもさらに値段が安くなり、画面交換で6000円、バッテリー交換は3000円で済みます。インターネットで分解、交換方法が公開されているので器用な方であればさほど問題なく交換はできます。部位によって簡単に変えれます。デメリットは自分でやるので何においても責任が負えません。パーツの品質も買うまでわかりません。さて、あなたはどの修理方法に惹かれましたか?

水に浸かった場合のiPhone修理について

iPhoneは水に浸かるとデータや内部の部品に支障をもたらすことになります。なぜなら、iPhoneは精密機械なので耐水性を持たないからです。特に、常にiPhoneをいじる人だと水回りでも使用しがちになるので、iPhoneを水没させる可能性が高まります。けれども、水に関するiPhoneの故障は本体が起動しなくなったりデータが消えやすい故障になります。
万が一iPhoneが水没しても水分を拭き取れば池袋でiPhone修理を依頼することで交換する必要がなくなることがあります。その上、修理に出したiPhoneが復旧する確率が高くなります。なので、浸水や水没したiPhoneを応急処置するかどうかにより、iPhoneの復旧率を左右することになります。とはいえ、水没した状態のiPhoneの電源を入れたり充電することにより、iPhoneがいきなり使えなくなることになります。そのため、水没して池袋でiPhone修理に出す前は、真っ先にデータのバックアップを取るのがデータの損失を防ぐ方法となります。
また、iPhoneの応急処置が終わったら、放置せずに早く池袋のiPhone修理業者に修理を依頼するのが重要となります。水に浸かったiPhoneはそのままにしても直らないので、放置するほど基盤や接続部分が腐食するため、iPhoneが使用不可になってしまいます。

最新記事一覧

2017年06月19日
iPhone修理に出す時には修理店の口コミを見ようを更新しました。
2017年06月19日
iPhoneの保証の違いについてを更新しました。
2017年06月19日
iPhone修理でよくある故障事例を更新しました。
2017年06月19日
画面割れしたiPhone修理を更新しました。